読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぶさむ備忘録

気になった事を、忘れないようにするための雑記

衝撃的なウンチク!!について

雑記

ども、いぶさむです。

すごく、短い内容になってしまうと思います。
どこのサイトだか忘れてしまったのですが、「えっ!マジで!」って思う内容を書いていこうと思います。

法律では、年齢は誕生日の前日に一つ増える。


これは、民法143条の「年齢計算に関する法律」記載されてます。

どうゆうことか?つまり・・・

1980年 7月7日 生まれの人なら
1980年 7月6日 の午後12時に年齢が一つ増えるようです。

つまりつまり・・・

7月6日に突入したらそこで加齢ってことです。

この法律は、1902年(明治35年)の12月22日に制定されたものです。
現行法律(今でも使われている)法律なので、効力はあります。

さらに調べてみると、こんな内容が!


学校の入学で4月1日生まれの人は当年の学年に。
4月2日生まれの人は、翌年の学年になるってことですね。
ここにも、効力が発揮されている。

その他にも、選挙権にも効力が発揮されている。

過去には、勧奨退職の効力はどこから?といことで退職金の支払請求をめぐり裁判になった事例があります。

日本では、生まれた日を生誕1日目と考えている為、365日目に年齢が加齢になるってことですね。

はい、終わりです。
何か、質問ありましたらコメントください( 」。╹o╹。)」